映画と心の健康

映画と心の健康

    
映画と心の健康
映画と心の健康

こんばんは、広瀬です。

3日前のことなんですが、
小学生の三女とこんな話をしました。

私「冬に観た方がいい映画ってどんなのか知ってる?」
三女「かなしい映画!」

私「正解!なんでわかった?」
三女「お父さん、前いってたじゃん(笑)」

もしかしたら
今このページをお読みのあなたにも
以前、メールかなにかで話したことがあるかもしれませんが、

季節によって、
観た方がいい映画、観ない方がいい映画
っていうのがありまして、

冬に観た方がいい映画は「悲しい映画」です。

たくさん泣くと
風邪をひきにくくなります。

(子供も同じで、冬にたくさん泣く子は健康になります)

それで、私が最近観たのが

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

という映画です。

2016年の恋愛映画で、
動画サービスのNetflixで
たまたま観ただけだったのですが、

なんと6回観て、
6回とも泣きました。

1年分以上の涙を放出してしまった感じです(笑)

6回も観た映画って
ほかに思い当たりません。

1回目より、2回目、3回目の方が、

観れば観るほどに、
より感動が深くなる・・・
今までにない不思議な映画でした。

この映画、最初は、
たぶん恋人が病気かなにかで
残りわずかの命…といった、

よくある恋愛ものだろうなと思っていたら
全然違いました。

それでコミックス版も取り寄せて
今日読んでまたうるうる・・・(汗)

2016年、話題になっていただろうに、
なぜ気づかなかったんだろう…って思います。

でも、

そもそも大の大人が、しかも40代後半のおじさんが、

恋愛映画を観て泣くってキモい…と
子供から言われそうなのですが、

冬に「泣くこと」が必要だということを知ってるからか、
無意識からなのか、

なんとなく探し求めていて、
それでたどり着いたのかもしれません。

だとすると
無意識ってすごいなと思います。

いい映画との出会いって
貴重です。

1本観るのに2時間はかかる、

なので日々の生活の中で
そんな沢山は観れない…。

口コミもそう当てにはならないし、

人が良かったって言う映画でも、
自分はそうじゃないかもしれない。

なので、
いい映画に巡り合えたら
すごく嬉しいです。

食事と同じく、
またはそれ以上に
心と体の栄養になって支えてくれる…

そんな風に思っています。

高校生の次女が
「なんか映画みたいな~」と言っていたので

この映画をみせたいなと思うのですが、

家族って
勧めたら「逆効果」なんですよね。

なので、
コミックス版を
さりげなく置いておく。

それで
うまく引っかかって(笑)
読んでくれたら、

実は映画版もあるんだよ、という流れに持っていく。

…なんで映画をみせるのに
こんな手の込んだことを
しなくちゃいけないのかと思ってしまいますが(笑)

やっぱり
自分がいいなと思ったものは
家族と共有したいですよね。

それは子供たちも同じこと。

子供たちが「いいな」と思っているものを
自分もできるだけ興味を持つようにしたいし、

その努力をしていきたいなと思っています。

小学生の三女は、
興味の対象が目まぐるしく変わるし、

高校生の次女にいたっては、
話についていくのが精一杯というか
ついていけないことが多いです…。

同じ時間を過ごしているようで
すれ違っている部分も多い…

…と感じています。

だから、
一緒に共有できるもの、
一緒に過ごせる時間、

を大切に過ごしていけたら…と思います。

今回観た映画も、
そんな思いをより一層
強くしてくれるものでした。

あなたが今まで観た映画で
なにか泣ける映画とかあったら教えてもらえたら嬉しいです。

それでは、また。

広瀬

【執筆者】楽しい育児実践会 代表・・・19歳・15歳・10歳の3姉妹の父。子供が生まれる前は自分が子供好きだとは全く思っておらず、親になり急にスイッチが入る。しかし初めての子育てで何もかもが思い通りに行かず、悩んだ挙げ句、毎晩お風呂で10冊近くの本を読み続け、家中が本だらけになるも、ある日突然子育てのヒントをつかみ子供たちは大変化。2006年から2019年の13年間で全国(海外含む)約1万700名の個人セッション(育児相談・夫婦相談・進路相談・不登校相談・性格特性分析・能力特性分析・24時間リズム分析など)、約7社の中小企業のコンサルティングを行う。Benesseのたまひよ増刊「Bizmom」にて育児で悩んだ時に相談したい専門家として紹介される。その他ANA、住友三井オートサービス株式会社を始めとする企業の「育児休業取得者向けハンドブック」にも育児で悩んだ時に相談したい専門家として掲載。趣味は絵を描くことと、楽器(バイオリン&二胡)を演奏すること。週末は相談予約が入って埋まっていることも多いが、なければ子供を連れてどこかに遊びに出かけている。もともと朝起きが大の苦手だったが、24時間リズム分析によって自分の睡眠のリズムを知って以後は早起きできるようになった。(プロフィール詳細
 

【執筆者】楽しい育児実践会 代表・・・3姉妹の父。初めての子育てで何もかもが思い通りに行かず、悩んだ挙げ句、毎晩お風呂で10冊近くの本を読み続け、ある日突然子育てのヒントをつかみ子供たちが大変化。2006年から2019年の13年間で全国(海外含む)約1万700名の個人セッション(育児相談)を行う。Benesseのたまひよ増刊「Bizmom」にて育児の専門家として紹介される。(プロフィール詳細