子供のダメな叱り方【他人と比べて叱る】

子供のダメな叱り方【他人と比べて叱る】

自分の子供の友達がよくないことをしていたら
あなたは叱ることができますか?
「自分の子がしているわけじゃないから」と
叱るのをやめてはいないでしょうか。

また、子供の友達に対していい感情を抱いていないとき
遠まわしに避けたり、冷たい対応をとってはいないでしょうか。

自分の子供ではないけれども、
子供たちがよくないことをしていたら
叱るというのが大人の役目でしょう。
人生の先輩としての義務というものでしょう。
変に遠慮したり、逆に厳しくするのはおかしいというものです。

また、子供たちが兄弟げんかをしているとき
無条件に上の子のせいにして叱ってはいませんか?

「お兄ちゃんなんだから、これくらい我慢しなさい!」
「お姉ちゃんなのにどうして優しくできないの!」

こんなふうに毎回自分のせいにされたのでは
お兄ちゃん・お姉ちゃんのストレスは溜まる一方です。
下の子も自分は怒られないと高を括って
反省できない、わがままな子になってしまいます。

お母さんが子供たちを対等な目で見てあげないと
兄弟げんかはますます激しくなることでしょう。

友達や兄弟で比較して叱るのではなく、
その場その場で子供たちに何を言うことが必要なのか、
どうしたらそれが伝わるかを考えるよう心がけてください。

※この記事はただいま編集中です。