褒める・叱るはしつけの1つ

子供を叱ったり褒めたりする行為は、
何が良くて、何が悪いのかという親の価値観・道徳観が
支えとなっています。
親の価値観・道徳観が根底にあるということです。

それらが子供に向けられるとき
親がどのような子に育って欲しいと望んでいるかが
重要なポイントとなります。

「周りを気遣うことのできる優しい子に」
「少しぐらいわんぱくでも健康な子に」
といった返答が聞こえてきそうですが、
果たして本当にそうなのでしょうか。

心の奥底で「他の子よりも優秀に育って欲しい」
「立派な大人になった子どもを自慢したい」
といった欲望を持っている方もいるのではないでしょうか。

そういう気持ちで子供を褒めたり叱ったりするのは
子供をしつけるための行為とはいえません。
親の満足感、優越感を得るための行為に過ぎません。

褒める・叱るは子供を育てるしつけの手段です。
その目的とは、子供が自分の頭で考え、
自分の力で行動を起こせる人間になってもらうことのはずです。
本来の目的を忘れがちなのではないでしょうか。

褒める・叱ることが子供にとってどのような影響を与えているか、
今一度ゆっくり考えてみてください。

【執筆者プロフィール】さくら(執筆スタッフ)・・・男の子2人のママ。30代。デザイン系の仕事を結婚を機に退職。現在は専業主婦として子育てに励む。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次