褒めること・叱ることはしつけ?

しつけというと子供を褒める、叱るなどして、
親の考えや感情を子供に伝えることだと思いがちですが、
言葉を使わなくても子供を育てることはできます。
それは親が子供の鏡になることです。

子供は親の真似を自然とするようになります。
それなのに叱ってばかりいたのでは
子供も学び取ることが少なくなってしまいますし、
ストレスが溜まって言うことを聞かなくなってしまいます。

子供に勉強するやる気を出させようと思ったなら、
ガミガミと怒るのではなくて、
親のあなたがやる気を出せばいいのです。

ゴロゴロテレビを見ているお母さんに
「やることはてきぱきと済ませなさい!」
などと言われても、子供は納得できませんよね。

お母さんがやらなければならないことをさっさと済ませ、
それがどんなに気持ちの良いことかと表現してあげれば
ただ叱りつけるよりも効果があると思いませんか。

つまり、口だけでなく全身で子供のしつけをするということです。

【執筆者プロフィール】さくら(執筆スタッフ)・・・男の子2人のママ。30代。デザイン系の仕事を結婚を機に退職。現在は専業主婦として子育てに励む。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次