子供のしつけ【2歳】

子供のしつけ【2歳】

子供が2歳になると「こうしたい!」という要求が強くなり、
自分のやり方に対するこだわりや、
他のやり方に対する拒否を表すようになります。
お母さんもあまりの変わりようにびっくりするのではないでしょうか。

そのようなときは、ただ叱りつけて子供とぶつかっても
関係がこじれてしまいますので、あまりむきにならず
子供の心に寄り添うような気持ちで支えてあげましょう。

この年代というのは、自己主張のピークの時期なのです。
そのため、お母さんもイライラすることが増えてしまいます。
どうしても叱ることが多くなってしまうのですが、
危険な行動をしたり、周りに迷惑をかけるといったこと以外では
なるべく子供を叱らないよう心がけてください。
特に親の都合で叱ることは絶対にいけません。

叱るのではなく、子供を「できた」という気持ちにさせることで、
子供のやる気をアップさせることの方が効果的です。
何かできたときは、オーバーに褒めてあげると
子どもはいっそう意欲的になります。

この時期には自分で着替えてみたいと思うことなので、
さりげなくフォローしてあげるようにしましょう。
また、自分で片付けられるものはドンドンやらせてください。
さらに、この時期から少しずつトイレに誘ってみるようにしましょう。
子供が嫌がったらあまり無理強いしないでください。
危険なことやダメなことは引き続き伝えていってください。

※この記事はただいま編集中です。