逆ギレするママ友が無理!そんなママ友の持つ性格の「共通点」

逆ギレするママ友が無理!そんなママ友の持つ性格の「共通点」

逆ギレするママ友が無理!そんなママ友の持つ性格の共通点

昔のおじいちゃん達は、マナーの悪い若者を見ると咄嗟に叱っていたものですが、現代ではどんなトラブルに巻き込まれるかわからないこともあり、そういった光景はなかなか見かけなくなってしまいました。

 

当然、ママ友の子供に対しても同じく、下手に叱ってしまったりすると、思わぬトラブルに発展してしまうこともあるので気を付けなくてはいけません。

今回は会員の皆さんから寄せられた「ママ友の子供を叱ってしまったときのエピソード」から承諾をいただいているものから一部紹介していきたいと思います。

 

 

【事件簿1】『勝手に私の財布をとったママ友の息子を注意した結果』

公園で遊んでいたときに、ベンチに置いていた私のバッグを開けて、中の財布をママ友の息子(4歳)が勝手に取ろうとしたので「人のもの黙って取ったらダメよ!」とちょっと強めに注意したところ、「自分の子は全然叱らないくせに、なんでうちの子にだけ厳しく言うわけ?」と逆ギレされ、その後疎遠になってしまいました。

自分の子が間違ったことをしているのに、そこは注意しようとしないなんて…、こんなに常識が通じない人だったんだな~とがっかりです…。

【事件簿2】『ママ友の子にうちの子が叩かれていたのでちょっと注意したら、ママ友が逆ギレ』

ママ友の家で、子供同士おもちゃの取り合いになってしまい、うちの子がママ友の子に叩かれていたので『叩いちゃ駄目よ!』と手をつかんで注意したところ、それを見たママ友が『なんでうちの子をあなたが怒るの?もし心に傷が残ったらどうするの!?』とまさかの激怒。

理由を話しても感情的になっていて聞く耳持たずという感じで・・・。その翌日から幼稚園の送り迎えで会っても完全無視です。こっちとしてももう無理・・・。

同様のママ友トラブルは現在も増加傾向に

正当な理由があって注意したり叱ったりした場合でも、こうしたトラブルに発展してしまう・・・本当に困りものですよね。

「せめてもう少し冷静になってくれたら」と思いますが、いざ我が子のこととなると親は誰しも感情的になってしまいがちです。そして一度感情のもつれに発展してしまったら、そこから修復するのは無理というか、なかなか難しくなります・・・。

「叱らない子育て」の履き違え

また、「子供を叱らない教育」を履き違えてしまっている家庭も多く、それをよその母親に壊された邪魔されたということによる怒りもありますし、

他にも様々な要因(食生活や便利なサービスの増加等)によって人々の「考える力」自体が低下していることもあり、それもトラブル増加の主な要因となっているかもしれません。

逆ギレするママ友の持っている気質や価値観

しかし、もっとも要因として大きいのは、相手のママ友の持っている「性格」「気質」「価値観」などの特性である可能性が高いです。

とくにトラブルになりやすい特性としては、

『Ruler特性』という、もともと物事を柔軟に捉えることが苦手な性格や、

Hight Pride(高すぎるプライド)特性』Education minded mom(教育ママ)特性』を併せ持っているとTiger mom(獰猛な教育ママ)特性』になるので、このようなママはかなり取り扱い注意な人物となります・・・。

そういったママ友の子供をうっかり叱ったりするととんでもないことになってしまうので注意しなくてはいけません。

それから余談ですが、『Key』という特性を持つママ友と仲良くしておくと、何かトラブルが起こった時、うまく仲裁してくれたり相談に乗ってくれることが多かったりします。

付き合いが長くなりそうなママ友であれば、事前に『個性分析』でママ友の内面を知り尽くしておくことが、なによりのトラブル防止策となり得るかもしれません。

普段私が受ける相談の中でも「ママ友のプライドレベルを知りたいです」といった相談、結構多いです。

 

【執筆者プロフィール】広瀬功一(ひろせこういち)楽しい育児実践会 代表・・・19歳・15歳・10歳の3姉妹の父。子供が生まれる前は、子供に興味がなく、自分が子供好きだとも全く思っておらず、親になってから急に子育てのスイッチが入る。しかし、初めての子育てで何もかもが思い通りに行かず、育児に悩む日々を送る。「保育園に行きたくない」と朝から大合唱する子供たち。泣き続ける長女と次女を、無理に連れて行こうとしたところ、長女が家の外に脱走し、街中を500m以上全力で追いかける逃走劇を繰り広げることも・・・。そんな日々に心底疲れ果て、解決策を求めて毎晩お風呂で10冊近くの本を読み漁る日々が半年ほど続く・・・。家中が本と本棚だらけになり、家族からも文句を言われ、置き場所にも限界を迎えかけた頃、突然子育てのヒントをつかみ、子供たちがまさかの大変化。 子育ての苦労と学びから得た知識と経験をもとに、2006年から2019年の13年間で全国(海外含む)約1万700名の個人セッション(育児相談・夫婦相談・進路相談・不登校相談・性格特性分析・能力特性分析・24時間リズム分析など)、約7社の中小企業のコンサルティングを行う。Benesseのたまひよ増刊「Bizmom」にて育児で悩んだ時に相談したい専門家として紹介される。その他ANA、住友三井オートサービス株式会社を始めとする企業の「育児休業取得者向けハンドブック」にも育児の専門家として掲載。趣味は子供たちと一緒に絵を描くことと、楽器(バイオリン&二胡)を演奏すること。週末は相談予約が入って埋まっていることが多く、最近はあまり家族サービスが出来なくなっているが、たまの休みには子供を連れてどこかに遊びに出かける。もともと朝起きが大の苦手だったが、24時間リズム分析によって自分の睡眠のリズムを知って以後、早起きできるようになった。(プロフィール詳細

【執筆者プロフィール】広瀬功一(ひろせこういち)楽しい育児実践会 代表・・・三姉妹(19歳・15歳・10歳)の父。子供が生まれる前は、子供に興味がなく、自分が子供好きだとも全く思っておらず、親になってから急に子育てのスイッチが入る。しかし、初めての子育てで何もかもが思い通りに行かず、育児に悩む日々を送る。「保育園に行きたくない」と朝から大合唱する子供たち。泣き続ける長女と次女を、無理に連れて行こうとしたところ、長女が家の外に脱走し、街中を500m以上全力で追いかける逃走劇を繰り広げることも・・・。そんな日々に心底疲れ果て、解決策を求めて毎晩お風呂で10冊近くの本を読み漁る日々が半年ほど続く・・・。家中が本と本棚だらけになり、家族からも文句を言われ、置き場所にも限界を迎えかけた頃、突然子育てのヒントをつかみ、子供たちがまさかの大変化。子育ての苦労と学びから得た知識と経験をもとに、2006年から2019年の13年間で全国(海外含む)約1万700名の個人セッション(育児相談・夫婦相談・進路相談・不登校相談・性格特性分析・能力特性分析・24時間リズム分析など)、約7社の中小企業のコンサルティングを行う。Benesseのたまひよ増刊「Bizmom」にて育児で悩んだ時に相談したい専門家として紹介される。その他ANA、住友三井オートサービス株式会社を始めとする企業の「育児休業取得者向けハンドブック」にも育児の専門家として掲載。趣味は子供たちと一緒に絵を描くことと、楽器(バイオリン&二胡)を演奏すること。週末は相談予約が入って埋まっていることが多く、最近はあまり家族サービスが出来なくなっているが、たまの休みには子供を連れてどこかに遊びに出かける。もともと朝起きが大の苦手だったが、24時間リズム分析によって自分の睡眠のリズムを知って以後、早起きできるようになった。(プロフィール詳細

※現在、システムの不具合で下の投票ボタンがスマホからは押せなくなっています。何卒ご了承ください。