剣道

剣道

    

垂れ・胴・面・小手の防具をつけ、剣道義・袴を身にまとい、

足元は当然素足。

それぞれ防具の決まった場所を竹刀で打ち合います。

 

夏はとても暑く冬は寒い。

そんなイメージがありますが、これも剣道の精神鍛錬のひとつなのです。

 

剣道では、礼儀作法が特に徹底されています。

また、瞬時の判断が必要とされますので、

反射神経や俊敏性の他にも、知力や分析力も養うことができます。

 

上達すればするほど「勝ちたい、負けたくない」気持ちが強くなりますので、

練習にも熱が入り、さらに上達していくのです。

 

剣道では大声を出して相手を威嚇する攻めがあります。

内気な性格の子が、剣道を習い事とし、

大きな声を出して取り組むうちに、どんどん性格が良い方向に変わっていった

という話も聞きます。

 

大きな声を出すことは、ストレス発散にもなるのですね。

 

何とも努力の積み重ねが大切。

長く続けられる習い事ですので、心身ともに鍛えるのもいいかもしれません。

※この記事はただいま編集中です。



Comment form