子供の上手な褒め方~自信を持たせる~

「子供を叱らずに褒めましょう」というと
何でもかんでも褒めろというように聞こえるかもしれませんが、
意味もなく子供を褒めるのは逆効果です。
それは褒めるというよりもおだてるに近いからです。

子供が何か絵を描いていて、
その絵が何かも分からず、とりあえず
「わぁ~よくできたわね」などと褒めたのだとしたら
その気持ちは子供に伝わっています。
その絵を上下さかさまに貼られた日には
子供はたまったものじゃありません。

ただ褒めればよいというものではありません。
本来の目的は、子供に自信を持たせるということです。
また、子供に力を十分に出すことの喜びを知ってもらうことです。

できばえについてとやかく言うのではなく、
努力をすれば周りに認められるという安心感を持たせ、
子供の頑張る姿勢を励ましてあげることです。

また、自分に自信が持てず引っ込み思案なお子さんには
何か良いところを見つけ、徹底的に褒めてあげましょう。

「すごい、虫のこととても詳しいのね!博士みたいだわ」
「こんなにたくさんの歌を知っているなんてすごいわ」
など、子供の不安を取り去り、自信をつけさせましょう。
それが親の役割だということを認識してください。






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008