« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月 アーカイブ

2010年03月02日

「しかる」と「怒る」は違うんです

学校や幼稚園に行く準備をしているとき、

朝ごはんや夕ご飯を食べているとき、

ゲームをしているときや寝る前、ついつい

「早くしなさい!!」と怒ってしまうことはありませんか?

 

「しかる」と「怒る」とでは、意味が違っています。

 

「怒る」は子どもと同じレベルになって、

気が荒くなり、感情的に腹を立てていることだと

いわれています。

 

これは子どもの心には響いてはいきません。

 

では、時間に追われてイライラしてしまう場合、

どうしたらいいのでしょうか。

 

幼稚園・保育園であれば年長さんにもなると

時間を決めて支度をすることができるようになっていきます。

 

子どもと話し合い、時計の長い針がどこまでいったら

支度をしようと、具体的に決めていきます。

 

たとえば6のところまで(7時30分、8時30分など)きたら

支度をしようと決めます。

親は「6」までじっと待ち、もしも約束が守れなかったらしかります。

 

子どもも約束を守って褒められたいって思っています。

だから約束が守れなかったら、自分から反省できるのです。

 

個性を伸ばす

2010年03月12日

どうしてもしからなければならないとき

どうしてもしからなければならない場面だってありますよね。

そういうときは、まずはグッと一瞬気持ちを飲みこんでみて。

 

特に自我の芽生えの時期(反抗期)の子どもは、

先に理由を聞くと自然と気持ちが落ち着き、

親の話を聞いてくれるものなのですって。

 

それでも親のほうの気持ちのイライラがおさまらなかったら、

子どもを抱きしめてしまいましょう。

 

スキンシップを取って話をすると、わが子への愛情が湧いてきて、

イライラした気持ちがおさまって、話をすることができるものです。

 

でも、しかることは人の心を傷つけること、

命にかかわることにおいては、非常に大切なことだと思います。

 

その時は涙をこぼしながら伝えていきたいですね。

 

個性を伸ばす

2010年03月22日

長所と短所。いいところを褒めてあげよう

命にかかわること、人の心を傷つけること。

このことを伝えるときは、涙を流しながら感情をもっても

伝えていきたいものです。

 

でも、それ以外のことは短所と見ないで

長所と考えてあげるといいと思います。

 

たとえば、時間がかかる子。

他の子が10分で終わるところを、コツコツ何倍もの時間をかけて

工作や書道などを完成させる子。

 

これは、根気強くていねいで集中力がある子だって考えられます。

 

忘れ物が多くておっちょこちょいな子。

でも絵がとっても上手で、褒めてあげることで

さらに絵が大好きになって、どんどん伸びていく子だっています。

 

大人だって褒められればうれしいですよね。

子どもも褒められれば「もっとがんばろう!」って思うのではないでしょうか。

 

子どもの良いところを拓さん褒めて、個性を伸ばしていってあげるのも

親、そして大人の役目だと考えてみませんか。

 

個性を伸ばす

2010年03月31日

やる気を引き出すかかわり方

子どもの個性を伸ばすのも、やる気を引き出すかかわり方によって

ずいぶんと違ってくるのではないでしょうか。

 

そんなかかわり方を、シーン別で考えてみたいと思います。

 

<すぐに飽きてしまう時>

子どもがやりたくないことを、親が無理やりやらせていませんか?

子どもが楽しいって思うことに共感してみて。

一緒に楽しむ子とから始めてみましょう。

 

<親に「やって」という時>

「できるところまで自分でやってみて。

そのあとは一緒にやってみようよ」

と声をかけてあげてください。

 

<上手にできた時>

褒めてあげることはとっても大切。

さらに大切なのは、褒めた後。

「次はこれをやってみて」なんて次、次と

課題を出してくなるのが親心。

 

ですが、そうなると子どもはやる気をなくしてしまいます。

できた時は、どっぷりと満足感に浸らせてあげてください。

 

<失敗をした時>

失敗したっていいのだし、いつかできるようになるって

伝えてあげましょう。

ただし、できるようになるためには親が真剣に

練習に付き合ってあげることが重要なのですよ。

 

個性を伸ばす

About 2010年03月

2010年03月にブログ「子供の習い事.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年02月です。

次のアーカイブは2010年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。