« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月 アーカイブ

2009年12月08日

大人もはまる!?クッキングトイ-2-

普段の食卓やホームーパーティーで役に立つクッキングトイだけでなく、

今はやりのスイーツが、家庭で手軽に作ることができる

クッキングトイも大人気のようです。

 

女の子に人気があるキャラクター、シュガーバニーズ。

このキャラクターを起用したクッキングトイが、

市販のチョコと卵を使って、空気を含んだ「エアインチョコ」が作れる

”シュガーバニーズ ふしぎなふくらむチョコメーカー チョコチョコプクリン”。

 

手作りが難しいとされるシュークリームも、

”かんたんかわいいシュークリーム ふわシュー”

があれば大丈夫。

 

大人気スイーツの仲間入りをしているマカロンも、

いまやクッキングトイで作れるのです。

”はじめてマカロン”は、ハンドルを回してメレンゲを作り、

粉を混ぜてオーブンで焼くだけで、本格的マカロンが。

クッキーやマシュマロも作れます。

 

そして生キャラメルだって、”生キャラメルポット プラス”

を使えば、ハートや星型を作って、電子レンジで簡単に

生キャラメルが作れます。

 

お菓子作りが好きな女の子、もちろん男のにも向いている、

個性を伸ばせるクッキングトイ。

 

親子で料理を楽しむコミュニケーションツールとしても、

一役買っているそうです。

 

個性を伸ばす

正しく選ぼう!コンタクトレンズ-1-

コンタクトレンズを選ぶとき、どのように選んでいますか?

運動をする人はソフトレンズとか、乱視のある人はハードレンズといった

このような感覚で選んでいませんでしょうか?

 

瞳も呼吸しているので、レンズの酸素透過性も重要なのです。

 

角膜(黒目)は、通常酸素を取り込んで呼吸をしています。

コンタクトレンズを使用すると、角膜と大気の間にレンズが入るため、

角膜に十分な酸素が届かない状態になってしまいます。

 

長時間、酸素不足が続いてしまうと、

角膜に大きなダメージが与えられてしまいます。

 

角膜上皮細胞(角膜の一番外側で、最近の侵入を防ぐ細胞)がはがれ、

細菌がつきやすくなり、感染症を起こしやすくなってしまいます。

 

また、角膜内皮細胞(角膜と水分量を調節している細胞)が死に、

減ってしまうと再生ができないため、大変な非常事態となってしまいます。

 

子供の視力

2009年12月18日

正しく選ぼう!コンタクトレンズ-2-

コンタクトレンズには大きく分けて3種類あります。

 

【ハードコンタクトレンズ】

酸素透過性に優れいています。

かたいレンズに慣れるまで時間がかかることもあるようですが、

乱視矯正にも適したコンタクトレンズといわれています。

 

【ソフトコンタクトレンズ】

ずれにくく、やわらかい、つけ心地のよいコンタクトレンズです。

水分(涙)によって酸素を角膜に運ぶため、

レンズの含水率の高いものを選ぶようにしましょう。

 

【使い捨てコンタクトレンズ】

ある一定の、決まった期間で使い捨てるコンタクトレンズです。

ソフトレンズと似た特徴をもち、ケアが必要なものと不要なものがあります。

使ったら捨てることを念頭に置く必要があります。

 

ハード、ソフト、使い捨てコンタクトレンズの特徴を理解して、

各々のライフスタイルや瞳に合わせて、眼科医と相談をし、

コンタクトレンズを選びましょう。

 

そしてレンズの「酸素透過性」もきちんとチェックをして、

瞳の健康維持もきちんと行いましょう。

 

子供がコンタクトレンズを使用する場合には、よく眼科医と相談をし、

大人が管理をするようにしましょう。

 

子供の視力

About 2009年12月

2009年12月にブログ「子供の習い事.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。