« 2009年09月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月 アーカイブ

2009年11月08日

大人もはまる!?クッキングトイ-1-

「食べ物で遊んではいけません!」

ママの世代では、こういって怒られたことがある人も

少なくないと思います。

 

もちろん食べ物で遊ぶことは絶対にしてはならないこと。

でも最近では、クッキーやチョコレートなど自分たちで作って

実際に食べることができる「クッキングトイ」が大人気なのだそうです。

 

このクッキングトイ・ブームの火付け役になったのが

”のりまきまっきー”。

 

ハンドルを回すだけで、のりまきが簡単に作れるのです。

12種類のレシピカードが付いていて、

その通りに材料を並べてハンドルを回せば、

色鮮やかな飾りずしの完成!

 

太巻き用の”ふとまきまっきー”も、姉妹品として販売中だとか。

 

以外に面倒で難しい餃子作り。

これも”餃子メーカー くるりんパオ!”があれば、簡単楽々。

アレンジとして、ワンタン用の器具も付いているそうですよ。

 

のりまきまっきーもくるりんパオも、子供の料理への興味づけのきっかけや、

興味を持った時の取り掛として、子供の個性を伸ばすきっかけ作りにもなりますよね。

 

市場が伸びている要因の一つには、大人が自分用に買っている、

ということもあるようですよ。

 

個性を伸ばす

子供の近視をチェックする方法

子供の近視が発見できるタイミングとして、学校の検査があります。

家庭においては、子供にとっていちばん身近な存在であるお母さんが、

子供の近視をできる限り早く発見するのに

非常に重要な役割を担っています。

 

早期に近視を発見できる方法があるそうですので、ご紹介しましょう。

 

まず、お母さん自身の視力を正確に測定しましょう。

次に子供の視力と自分の視力とを比べて、

ちゃんと見えているかどうかをチェックするのです。

 

たとえば駅の時刻表、遠くのビルの看板、広告板などの文字。

自分よりも子供のほうがよく見えているならば、

まずは安心ですよね。

 

この時に子供が目を細めてみているようですと、要注意。

目を細める、という行為は鮮明に見えていないものに対して、

無意識のうちにピントを合わせている状態なのだそうです。

 

このようにして見ていたら、軽い近視を疑ったほうがよさそうです。

もしも子供が目を細めかげんにして、たとえば視力が0.8のお母さんと

同じくらいですと、近視の状態に進んでいる可能性が考えられます。

 

子供の視力

2009年11月28日

メガネに頼るべきか、頼らざるべきか

わが子が近視の疑いがあるといわれたり、ずばり近視ですと言われた時、

「メガネをかけさせないといけないわ」

って思う人が多いのですが、メガネの使用は慎重にしたほうがいいと

専門家も話しています。

 

近視であっても、早い時期に適切な処置をすれば、

視力回復する可能性もあるそうです。

それにもかかわらず、いきなりメガネをかけてしまって、

レンズによる調節能力に頼ってしまうと、眼が持っているせっかくの調節能力を

奪い取ってしまい、失ってしまう結果となるからなのだそうです。

 

ですのでもしも早い段階で近視と判明したら、

すぐに安易にメガネを選択するのではなく、

毛様体節の緊張を緩めるための治療器具を用いたり、

遠くを見る習慣(望遠訓練)をつけたりして、

視力回復への努力をしたほうがよいそうです。

 

また、十分な睡眠や明るくて目に優しい環境づくり、

特にカルシウムを豊富にとった、栄養バランスのいい食生活も

重要なポイントとなるようです。

 

子供の視力

About 2009年11月

2009年11月にブログ「子供の習い事.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年09月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。