« 2009年04月 | メイン | 2009年09月 »

2009年07月 アーカイブ

2009年07月22日

両目の視線が…斜視

両目の視線が目標にまっすぐ向かわない状態を斜視といいます。

これは正面を見たときに片側の目の黒眼部分が

まっすぐ前を見ずに、ずれていることでわかります。

 

3~4歳くらいまでに、ほとんど見つけることができます。

 

斜視で片方の黒眼の位置がずれていると、

ずれている方の視力は発達しません。

そのため、弱視になってしまうことがあります。

 

逆に片方の目だけが極端に悪いと、その目が使われないため

斜視になってしまうこともあるようです。

 

通常、眼位(黒眼の位置)は生後3~6か月で安定し、

6歳までには両視眼がほぼ完成するとされています。

しかし斜視では両目で物を同時に見て、

立体感や遠近感をつかむ両視眼の発達障害も心配されています。

 

また、斜視には視神経萎縮や網膜芽細胞腫などの

大きな病気が隠れていることも。

様子が変だな、と感じたら、早めに眼科専門医を受診することを

お勧めします。

 

子供の視力_斜視

斜視の治療方法-偽内斜視-

赤ちゃんや子供の目が、本当はまっすぐと前を向いているのに、

内側に寄って見える状態が偽内斜視です。

 

もともと赤ちゃんの目と目は離れてみえますので、

黒目の内側の白目も見えにくいものなのです。

 

また、目と目の間、鼻の上の部分の肉が厚かったりすると、

黒目が内側に入り過ぎているように見えることもあるようです。

 

”うちの子、斜視かも”とママが心配になったり、

小児科医より斜視の疑いがあるといわれて

眼科専門医に診てもらうと、偽内斜視だったということがよくあるそうです。

 

この偽内斜視は子供の視力といった、目の機能には影響もなく、

成長とともに気にならなくなります。

 

斜視の治療-偽内斜視-

2009年07月25日

斜視の治療方法-内斜視-

黒目が内側によっている状態、俗により目といわれるのが

内斜視です。

 

内斜視には生まれつきのものと、遠視が強いことが原因で

物をよく見ようとするため、目が内側に寄ってしまうものがあります。

 

遠視が原因で内斜視になってしまうことを、調節性内斜視といいます。

 

調節性内斜視の場合、眼鏡で遠視を矯正することによって、

内斜視も矯正することができるそうです。

 

眼鏡をかけても黒眼の位置がまっすぐにならない、

遠視がない場合には、手術をすることが多いようです。

 

斜視の治療方法-内斜視-

斜視の治療方法-外斜視-

黒目が外側に向いている状態が外斜視です。

 

目の位置はいつもまっすぐなのに、寝起きやぼんやりしているとき、

遠くを見るときに片目が外側にずれてしまうことを

間歇性(かんけつせい)外斜視といい、

外斜視のほとんどがこのケースにあたるようです。

 

通常は目の位置に問題がないため、両視眼機能や視力は

正常に発達することが多く、急いで手術をする必要はない

とされています。

 

程度が目立つ場合は、小学校入学前に手術で治すことが多いようです。

 

子供の視力を考え、早めに手術をして治すことが多い斜視は、

片目は正面を向いているのに、もう片方の目が上下いずれかにずれている

上下斜視があげられます。

 

斜視の治療方法-外斜視-

About 2009年07月

2009年07月にブログ「子供の習い事.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年04月です。

次のアーカイブは2009年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。