メイン | 2007年06月 »

2007年05月 アーカイブ

2007年05月23日

子供の習い事~今人気の習い事は?

10歳以下の子供習い事についてのアンケート結果があります。

その結果は、今通わせているもしくは通わせたことがある習い事は1位が水泳で全体の48%を占めます。
次が音楽で30%、以下英会話28%、学習塾27%、体操21%、サッカー19%、書道14%、武道12%、バレエ7%、そろばん6%、絵画5%、テニス3%という結果です。

通わせてよかった習い事は何かという質問でも、水泳が47%とダントツの1位です。
これから習わせたい習い事は何かという質問も1位は水泳でした。
水泳は人気も満足度も高い習い事だということがわかります。

習い事全体としてはスポーツ系のものより芸術・学習系のものが人気があるようです。

そのほか、料理教室やダンス教室などの習い事もあります。ダンスは社交ダンスからヒップポップなど様々なジャンルのものがあります。

2007年05月25日

子供の習い事~習い事にかかる費用

習い事にかかる毎月の費用で一番多いのは7500円から10000円ぐらいです。
子供1人あたり月に平均10000円前後払っているのです。
回答した親の世帯年収は600万円がほぼ中間です。
複数の習い事に通わせている家庭は年収600万円以上が多いという結果です。

でも、年収が多いからいくつもの習い事に通わせているというわけではなくて、年収が400~500万円の家庭でも5つ以上もの習い事をしている家庭もありました。

各習い事にかかる費用は人気の水泳が週1回で月6000~7000円、ピアノが週1回月8000円、英会話が週1回で月6000~8000円、学習塾は週2回で月8000~12000円、サッカーが5000円ぐらいです。

もちろん、個人の先生が自宅などで教えている場合と、大手の会社のところかでは費用も環境も違います。ピアノや書道など自宅で教えている先生も多い習い事では、いい指導者で格安の費用で習うことができることもあります。

近所の先輩ママなどの評判や口コミでいい先生にめぐり合えるといいですね。

2007年05月27日

子供の習い事~習い事はいつ始める?

習い事は「子供がやりたい」といったとき、とよく言いますが実際子供が「これをやりたい」というようになるのは兄弟姉妹の影響がなければ幼稚園年長ぐらいではないでしょうか。
その前になにかしらやってみたお母さんも多いと思います。

精神発達年齢から考えると、4歳ぐらいまではまだ自我が育ってきていないそうです。ですからイヤと子供からいうことはないでしょう。でも泣いてばかりいることがあるかもしれません。そういうときは無理に続けなくてもいいですね。いったん中断して少したってまた再開するとすんなり通うようになったりします。

親子でずっと家にいるとなんだかたいくつだと思ったら、お友達を作るという気楽な気持ちで区民センターや公民館などでやっているリトミック教室や体操教室に参加してみてもいいでしょう。
料金もお手軽ですし、親子で一緒に楽しめます。

幼児期は手軽に楽しめるものでも十分です。
5~6歳になると、自分でやりたいものが見つかってきます。小学校2~3年では本格的に何か自分の好きなものをやりたいというようになります。

2007年05月29日

子供の習い事~習い事に行くのを嫌がったら?

子供は必ず一回は「今日は行きたくない」ということがあるでしょう。
体調が悪い場合はもちろん無理せずお休みしましょう。

もしそうでない場合は何がイヤなのか、よく観察して理由を調べてみましょう。
習い事がいやなのではなく、先生がいやなのかもしれません。
一緒のクラスのお友達がイジワルしてくるように感じているのかも。
ちゃんと練習をしていかないから先生に怒られてしまうこともあるのです。

子供は「行きたくない」ことが何回かあると「やめたい」といってしまいます。
習い事自体がどうしてもいやなら、親が続けさせたくてもあきらめる必要があるかもしれません。

習い事ではなく周りの環境なら曜日を変えたり、教室を変えたり何か方法があるかもしれません。練習不足なら親子で一緒に練習してみましょう。

「発表会まではがんばろうか」と励ましてもいいですね。
子供としっかり話し合って無理強いはしないようにしましょう。

2007年05月31日

子供の習い事~習い事で気をつけることは?

習い事で子供はいろいろな体験ができます。一人ではできないチームのスポーツや、ピアノの発表会で緊張しながら頑張ったり。

でも一番親が気にしなくてはいけないことは、「習い事に時間をとられすぎて自分で選ぶ時間がなくなる」ことは避けたほうがいい、ということです。

確かに幼児期は親が勧めた事をはじめたでしょう。「うちの子は絵を描くのが好きだから絵画教室に行かせよう」と連れて行ったことでしょう。ところが成長していくにしたがって、実はやりたくないんだけど「お母さんにほめられたいからやる」「怒られるからやめられない」というのでは困ります。

習い事が「親に行かされている」という感覚では「自分が選ぶ」という感覚をつかみにくくなります。するといつも受身で、「ぼくはいやだけと仕方なくやっているんだからできなくてもしょうがない」という無気力な人間に育ってしまうかもしれません。

もちろん、励ましも必要です。
ぜひ、「ぼくは楽しいからこれをやる」「私はやりたいからこれをやる」という習い事を見つけたいですね。

About 2007年05月

2007年05月にブログ「子供の習い事.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。