子供の習い事.jpへようこそ

子供の習い事は、小さい頃から身につけておくことで生涯役立つこともあります。しかしあれもこれもとつい欲張ってしまうと逆にストレスにもなります。このサイトでは、子供の習い事に関する情報をお届けしています。

MENU

個性を伸ばす

  • 子どもに健全な眠りを
  • 寝相が悪い
  • 睡眠中の子どもの様子が気になる
  • おねしょと睡眠
  • 朝の寝覚めが悪い

子供の習い事

  • 子どもの習い事と親力
  • 習い事継続へのカギ
  • 子どものタイプを知る
  • 子どものやる気を引き出すために
  • いつどんな習い事をさせるべき?

子供の視力

  • 子供の目に敏感になる
  • 目の健康は大人の注意が必要
  • 目の病気にも注意
  • テレビを見ると動かない
  • 食事の姿勢が気になる

子供部屋

  • 部屋の向きは南がいい理由
  • リビングで勉強する効果
  • リビング用学習机とは
  • リビング勉強派の子どもに対して
  • リビングで勉強するということ

学習環境

  • そろそろ自分の部屋を、と思ったら
  • 続けて学習できる工夫
  • 学習することの楽しさは大人も一緒に
  • 低学年の学習環境

習い事の種類

  • 子供の習い事~日本舞踊
  • 子供の習い事~少林寺拳法
  • 子供の習い事~剣道
  • 子供の習い事~空手
  • 子供の習い事~フィギュアスケート

Contents

子供の目に敏感になる

こどもが自分で見え方がおかしい、

と気がついてくれれば、親としても対応が早くなります。

 

ですが、そうもいかないのが現実。

 

普段の生活の中で、このようなことはありませんか?

 

◆上目づかいにして物を見ている

◆なんとなく見えづらそうにしている

◆まぶしそうにしている

◆テレビに近寄ってみている

◆目を細めてみている

◆本を読むときに目を近づけている

◆片方ずつの目でテレビを見せた時に、

どちらかの目が見えにくそうにしている

 

もしも当てはまることがあった場合、

視力の低下などの疑いがあるようです。

 

なんだか気になるな、おかしいな

と思うことがありましたら、

早めに眼科を受診することをお勧めします。

 

子供の習い事

目の健康は大人の注意が必要

子供自身は、目に違和感があっても

なかなか気がつきにくいものです。

 

そういうものなのだ、と思い込んでいるケースが

多いためなのです。

 

毎日生活をしていく中で、子供の目の様子に

大人が注意をしてあげましょう。

 

大人が日常的に子供の目の様子に関心を持つようにする。

これが子供の目の健康を守ることにもつながります。

 

幼児期のうちから目を酷使する状況にある

現代社会。

 

いまやテレビを見るだけではなく、

テレビゲームや携帯型ゲーム機などで

遊ぶ機会が増えていますよね。

 

幼児用教材であっても、パソコンを使う場合も

多く見られます。

 

近くのものを見ることで見えは緊張を強いられます。

このような状態が続くと、近視につながることも

懸念されます。

 

使用する時間はきちんと決めること。

そして使用後は目を休ませることが大切ですね。

 

子供の習い事

目の病気にも注意

白目が充血している、涙や眼やにが出る、

目がかゆい、まぶしがる、

まぶたに触ると痛がるなど、目に対する症状を訴える場合、

目の病気が考えられます。

 

普段からかかりつけの眼科医があると安心。

目に対する不安を感じたら、

すぐに眼科を受診するようにしましょう。

 

ですが、子どもは自分で目の見え方がおかしいとか、

そういうことは分かりにくいものです。

 

目の異常を早期発見するためには、

第一歩として3歳児検診を受けておくことが大切。

 

検診によって早い段階で異常が発見できれば、

メガネによる矯正や訓練などで

視力を発達させることが可能になるのだそうです。

 

早期発見・早期治療が重要なのですね。

 

子供の習い事

テレビを見ると動かない

テレビを見始めると、ピクリとも動かない。

寝そべって上目づかいでテレビを見る。

そんな我が子の姿が心配。

 

そういう場合は、1人でテレビを見せるのをやめましょう。

 

隣に座ってテレビを見ながら、話をするのがいいそうです。

 

とはいえ、いつもいつも隣に座って

じっくり時間を取って、一緒にテレビが見られるほど

お母さんも時間があるわけではありません。

 

手が離せない時だってあります。

 

そんな時には、隣に座らないまでも、

放っておくことはやめましょう。

 

ときどき邪魔をしてあげます。

 

紙つぶてを投げる、ビニールボールを投げるなどをして

子供の視線を画面から外します。

 

じっと見続けるのは、姿勢にも目にも

よくありませんから。

 

子供の習い事

食事の姿勢が気になる

食事の時の姿勢、気になりませんか?

 

体を斜めに向けたり、テーブルに足を乗っけたり、

椅子のうえで膝を立てたり……。

 

きちんと座れない我が子に、嫌気がさしてきます。

 

そんな場合は荒治療が勧められています。

 

食事の時の姿をビデオにとって、お友達に見せてみませんか?

そうすると自分のカッコ悪さに気がつくかもしれません。

 

携帯電話で撮影をして、

「先生にみせちゃおうかなー」

と言ってみるのもいいそうです。

 

食卓の横に鏡を置いて、自分の姿をちらちらと見せるのも

なかなか効果があるそうです。

 

お母さんが今、子どもがどんな格好をしているのか、

真似をしてみるのもひとつの方法。

 

とにかく自分のカッコ悪い姿を認識させること。

 

そしてその後は、お母さんがよい姿勢を見せて、

子供に真似をさせてみましょう。

 

子供の習い事

顔が机にくっついてしまう

お絵かきをしたり、本を読んでいたり、

机に向って何かをするときに、猫背を通り越して

顔が机にくっついてしまう子がいます。

 

何度も注意しても直らない。

こういう悩みを持っているお母さんも多いのでは?

 

対処法としては、子どもがそのような姿勢で絵を描いたり

本を読むことに夢中になっていたら、

どんどん突っ込んであげたほうがいいそうです。

 

話しかけるときは、必ず相手の顔を見て目を合わせますよね。

 

子供の視線が画用紙や本から、お母さんの顔に移る

それだけでもOKなのだとか。

 

それでもだめなら、遠くから紙つぶてを投げてみる

そんな手段もあるそうです。

 

とにかく子供の視線が動くように、

気をそらせることが必要になります。

 

ついでに立ちあがらせたり伸びをしたりして、

身体を動かしてあげるのもよさそうですよ。

 

子供の習い事

姿勢さえよければいいのか

もしも至近距離から猫背で、寝そべって顔が傾いた状態で

じっとテレビを見つめていたとします。

 

子どもは夢中になると瞬きをせずに

じっとその対象を見つめています。

 

そうなると、二重で目に大きな負担をかけることになります。

 

幼児期から近くを見たり遠くを見たり、

視線をずらしたりして、目の調節機能を自在に

使いこなしておくことが大切なのだと、

専門家が話しています。

 

大人も子供も同じなのですが、ピントが合いすぎて

目の筋肉がグッと固まった状態は、よくないそうです。

 

ゲームやテレビは30分間だけ、というように

時間で区切っている家庭も多いようですが、

目の健康からすると時間ではなく、リラックスをしながら

見ることのほうが大切なのだとか。

 

テレビを見るときも、画面を凝視するよりも

会話をしながら見るほうがよいそうですよ。

 

緊張とリラックスのメリハリが大切、ということです。

 

目も姿勢も、緊張しっぱなしではなく、

上手にリラックスを取り入れていきたいですね。

 

子供の習い事

瞬きをしない子供

目の心配をしないためには、姿勢さえよければいい。

というのも間違っているようです。

 

子どもは好奇心が旺盛ですから、

気に言ったものに対して、瞬きをしないで見いる

ということがよくあるそうです。

 

おもちゃでもゲームでも、テレビでも

夢中になっていたらじっと見つめています。

 

これが実は、目にとってはあまり良くない状態のようです。

 

一点を見つめる緊張状態。

これはオートフォーカスのカメラが、ロックしたまま

電池切れになった状態だとたとえられます。

 

視点を切り替えることが難しくなりますし、

なによりも脳が、もう遠くを見なくていいのだ、

と認識してしまうのだそうです。

 

子供の習い事

均等に目を使うために

子どもは夢中になっていくと、

テレビ画面にどんどん近付いてしまいます。

 

ブロック遊びなど、細かい遊びに夢中になっている子には、

徐々に猫背になっていく子が多いようです。

 

この状態を放っておくと、ご察しの通り

視力が下がってしまうのだとか。

 

そしてさらには、首や身体が傾いた状態や

寝転がった状態で、見たいものに目を近づけ過ぎると、

両方の目の距離が違ってきます。

 

するとどうしても片方の眼だけで

ピントを合わせることになります。

 

結果として、片方の眼だけ視力が下がり、

いわゆる「がちゃめ」になってしまいます。

 

見たいものから離れ、両目で均等に見ることができれば、

姿勢が悪くても問題はない、ということですが、

いずれにしても寝転がっていたり猫背であると、

それも難しいということです。

 

ですから背筋を伸ばし、よい姿勢で物を見ることが

いかに大切なことかがわかります。

 

子供の習い事

近くで物を見るということ

物を近付いてみるために、猫背になっていきます。

これが習慣化されてしまうと、

目は近くにだけピントを合わせるようになってしまうのだそうです。

 

さらには眼だけではなく、脳の中でも

近くに焦点を合わせるようになってしまい、

遠くを見ようとしても、対応ができなくなってしまう

といわれています。

 

小学生・中学生になるとテレビ以外にも

パソコンや携帯電話など、近くでしかものを見ない

生活習慣が急加速していきます。

 

こうなってしまうと、メガネで矯正をしようとしても

度数調節の段階で遠くにピントを合わせると

気分が悪くなってしまう。

結果としてメガネすら作れない、

というケースも起きているのだそうです。

 

目のためには、幼児期から離れてみる習慣をつけておく。

これが非常に重要なカギとなりそうです。

 

子供の習い事


Contents

子供の目に敏感になる

こどもが自分で見え方がおかしい、

と気がついてくれれば、親としても対応が早くなります。

 

ですが、そうもいかないのが現実。

 

普段の生活の中で、このようなことはありませんか?

 

◆上目づかいにして物を見ている

◆なんとなく見えづらそうにしている

◆まぶしそうにしている

◆テレビに近寄ってみている

◆目を細めてみている

◆本を読むときに目を近づけている

◆片方ずつの目でテレビを見せた時に、

どちらかの目が見えにくそうにしている

 

もしも当てはまることがあった場合、

視力の低下などの疑いがあるようです。

 

なんだか気になるな、おかしいな

と思うことがありましたら、

早めに眼科を受診することをお勧めします。

 

子供の習い事

目の健康は大人の注意が必要

子供自身は、目に違和感があっても

なかなか気がつきにくいものです。

 

そういうものなのだ、と思い込んでいるケースが

多いためなのです。

 

毎日生活をしていく中で、子供の目の様子に

大人が注意をしてあげましょう。

 

大人が日常的に子供の目の様子に関心を持つようにする。

これが子供の目の健康を守ることにもつながります。

 

幼児期のうちから目を酷使する状況にある

現代社会。

 

いまやテレビを見るだけではなく、

テレビゲームや携帯型ゲーム機などで

遊ぶ機会が増えていますよね。

 

幼児用教材であっても、パソコンを使う場合も

多く見られます。

 

近くのものを見ることで見えは緊張を強いられます。

このような状態が続くと、近視につながることも

懸念されます。

 

使用する時間はきちんと決めること。

そして使用後は目を休ませることが大切ですね。

 

子供の習い事

目の病気にも注意

白目が充血している、涙や眼やにが出る、

目がかゆい、まぶしがる、

まぶたに触ると痛がるなど、目に対する症状を訴える場合、

目の病気が考えられます。

 

普段からかかりつけの眼科医があると安心。

目に対する不安を感じたら、

すぐに眼科を受診するようにしましょう。

 

ですが、子どもは自分で目の見え方がおかしいとか、

そういうことは分かりにくいものです。

 

目の異常を早期発見するためには、

第一歩として3歳児検診を受けておくことが大切。

 

検診によって早い段階で異常が発見できれば、

メガネによる矯正や訓練などで

視力を発達させることが可能になるのだそうです。

 

早期発見・早期治療が重要なのですね。

 

子供の習い事

テレビを見ると動かない

テレビを見始めると、ピクリとも動かない。

寝そべって上目づかいでテレビを見る。

そんな我が子の姿が心配。

 

そういう場合は、1人でテレビを見せるのをやめましょう。

 

隣に座ってテレビを見ながら、話をするのがいいそうです。

 

とはいえ、いつもいつも隣に座って

じっくり時間を取って、一緒にテレビが見られるほど

お母さんも時間があるわけではありません。

 

手が離せない時だってあります。

 

そんな時には、隣に座らないまでも、

放っておくことはやめましょう。

 

ときどき邪魔をしてあげます。

 

紙つぶてを投げる、ビニールボールを投げるなどをして

子供の視線を画面から外します。

 

じっと見続けるのは、姿勢にも目にも

よくありませんから。

 

子供の習い事

食事の姿勢が気になる

食事の時の姿勢、気になりませんか?

 

体を斜めに向けたり、テーブルに足を乗っけたり、

椅子のうえで膝を立てたり……。

 

きちんと座れない我が子に、嫌気がさしてきます。

 

そんな場合は荒治療が勧められています。

 

食事の時の姿をビデオにとって、お友達に見せてみませんか?

そうすると自分のカッコ悪さに気がつくかもしれません。

 

携帯電話で撮影をして、

「先生にみせちゃおうかなー」

と言ってみるのもいいそうです。

 

食卓の横に鏡を置いて、自分の姿をちらちらと見せるのも

なかなか効果があるそうです。

 

お母さんが今、子どもがどんな格好をしているのか、

真似をしてみるのもひとつの方法。

 

とにかく自分のカッコ悪い姿を認識させること。

 

そしてその後は、お母さんがよい姿勢を見せて、

子供に真似をさせてみましょう。

 

子供の習い事

顔が机にくっついてしまう

お絵かきをしたり、本を読んでいたり、

机に向って何かをするときに、猫背を通り越して

顔が机にくっついてしまう子がいます。

 

何度も注意しても直らない。

こういう悩みを持っているお母さんも多いのでは?

 

対処法としては、子どもがそのような姿勢で絵を描いたり

本を読むことに夢中になっていたら、

どんどん突っ込んであげたほうがいいそうです。

 

話しかけるときは、必ず相手の顔を見て目を合わせますよね。

 

子供の視線が画用紙や本から、お母さんの顔に移る

それだけでもOKなのだとか。

 

それでもだめなら、遠くから紙つぶてを投げてみる

そんな手段もあるそうです。

 

とにかく子供の視線が動くように、

気をそらせることが必要になります。

 

ついでに立ちあがらせたり伸びをしたりして、

身体を動かしてあげるのもよさそうですよ。

 

子供の習い事

姿勢さえよければいいのか

もしも至近距離から猫背で、寝そべって顔が傾いた状態で

じっとテレビを見つめていたとします。

 

子どもは夢中になると瞬きをせずに

じっとその対象を見つめています。

 

そうなると、二重で目に大きな負担をかけることになります。

 

幼児期から近くを見たり遠くを見たり、

視線をずらしたりして、目の調節機能を自在に

使いこなしておくことが大切なのだと、

専門家が話しています。

 

大人も子供も同じなのですが、ピントが合いすぎて

目の筋肉がグッと固まった状態は、よくないそうです。

 

ゲームやテレビは30分間だけ、というように

時間で区切っている家庭も多いようですが、

目の健康からすると時間ではなく、リラックスをしながら

見ることのほうが大切なのだとか。

 

テレビを見るときも、画面を凝視するよりも

会話をしながら見るほうがよいそうですよ。

 

緊張とリラックスのメリハリが大切、ということです。

 

目も姿勢も、緊張しっぱなしではなく、

上手にリラックスを取り入れていきたいですね。

 

子供の習い事

瞬きをしない子供

目の心配をしないためには、姿勢さえよければいい。

というのも間違っているようです。

 

子どもは好奇心が旺盛ですから、

気に言ったものに対して、瞬きをしないで見いる

ということがよくあるそうです。

 

おもちゃでもゲームでも、テレビでも

夢中になっていたらじっと見つめています。

 

これが実は、目にとってはあまり良くない状態のようです。

 

一点を見つめる緊張状態。

これはオートフォーカスのカメラが、ロックしたまま

電池切れになった状態だとたとえられます。

 

視点を切り替えることが難しくなりますし、

なによりも脳が、もう遠くを見なくていいのだ、

と認識してしまうのだそうです。

 

子供の習い事

均等に目を使うために

子どもは夢中になっていくと、

テレビ画面にどんどん近付いてしまいます。

 

ブロック遊びなど、細かい遊びに夢中になっている子には、

徐々に猫背になっていく子が多いようです。

 

この状態を放っておくと、ご察しの通り

視力が下がってしまうのだとか。

 

そしてさらには、首や身体が傾いた状態や

寝転がった状態で、見たいものに目を近づけ過ぎると、

両方の目の距離が違ってきます。

 

するとどうしても片方の眼だけで

ピントを合わせることになります。

 

結果として、片方の眼だけ視力が下がり、

いわゆる「がちゃめ」になってしまいます。

 

見たいものから離れ、両目で均等に見ることができれば、

姿勢が悪くても問題はない、ということですが、

いずれにしても寝転がっていたり猫背であると、

それも難しいということです。

 

ですから背筋を伸ばし、よい姿勢で物を見ることが

いかに大切なことかがわかります。

 

子供の習い事

近くで物を見るということ

物を近付いてみるために、猫背になっていきます。

これが習慣化されてしまうと、

目は近くにだけピントを合わせるようになってしまうのだそうです。

 

さらには眼だけではなく、脳の中でも

近くに焦点を合わせるようになってしまい、

遠くを見ようとしても、対応ができなくなってしまう

といわれています。

 

小学生・中学生になるとテレビ以外にも

パソコンや携帯電話など、近くでしかものを見ない

生活習慣が急加速していきます。

 

こうなってしまうと、メガネで矯正をしようとしても

度数調節の段階で遠くにピントを合わせると

気分が悪くなってしまう。

結果としてメガネすら作れない、

というケースも起きているのだそうです。

 

目のためには、幼児期から離れてみる習慣をつけておく。

これが非常に重要なカギとなりそうです。

 

子供の習い事

背筋は伸ばしているほうがカッコいい

子供の姿勢を良くするためには、

子供自身が自分の姿勢がどうなっているのか、

自覚させることも必要。

 

「背筋は伸ばしているほうがカッコいい」

「猫背はイマイチかも」

と、自分から思えるようにしたいですね。

 

習い事と関連付けるのもいい方法のようです。

 

水泳をやっている子であれば、

「水の中でずいぶん身体が伸びていたね。

おうちでもできるかしら?」

と聞いてあげましょう。

 

バレエを習っている子であれば

「バレエでできるのだから、ご飯を食べるときも

バレエのようにできるかな?」

と言ってみて。

 

これは、背筋を伸ばすイメージを理解させる

ひとつの手段になります。

 

子供に具体的なイメージを伝えられれば、

よい姿勢とはどういうものなのかを

つかみ取ることができますよね。

 

そしてこれは、目にとっても非常に大事なことなのだと

専門家も話しています。

 

子供の習い事

よい姿勢には自然な促し

姿勢を良くすることは、子供自身が自分で意識しなければ

保てないものであって、

言われなくてもできるものではないのだとか。

 

大人にとってもそうですが、

子どもにとっても、いつもいい姿勢でいることは

けっこう苦痛なものなのです。

 

好きなことをしているときは、リラックスして、

楽な姿勢でいたいもの。

 

そこに「姿勢よくしなさい」と声をかけるだけでは

効果はなさそうです。

 

子供が好きなことをしているときは、

自分にとって居心地のいい姿勢を取るものです。

 

もしもその姿勢が寝転がることだったり、猫背だった時は、

「姿勢が悪いよ!」

というよりも、もっと効果のある声かけがありそう。

 

たとえば眼を近づけて猫背になって、絵を描いていた場合。

「何を描いているの?」

と声をかけたり、

「わー、何か飛んでる」

と気をそらしてみて。

 

背筋を伸ばしたり、上を見るよう、

自然な促しをするほうが効果的のようです。

 

子供にとって何かに集中する時間も大切。

それによって目が悪くなるなってしまうと、

ちょっと悲しいので、うまくよい姿勢に持っていかれるよう

気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

子供の習い事

姿勢の悪さと筋力

猫背で食事をしていると、

「しつけができていない」って注意されがち。

さらには姿勢が悪いのは、体力がないから

と思われがち。

 

「背中を伸ばしなさい」

「寝転がってテレビを見ない!」

「テーブルに肘をついて食べてはいけません!」

 

口を酸っぱくして言っても、

なかなか直りません。

 

眼科専門医によると、猫背になったりゴロゴロ寝転がったり

しているというのは、損ほうが居心地がいいため。

 

子供であっても、四六時中、

背筋を伸ばしていられるわけではない。

体力がないから姿勢が悪いというよりも、

よい姿勢を保つことができれば結果として、

背筋や腹筋も強くなり、体力がついてくる。

 

ということなのです。

 

子供の姿勢が悪いと感じたら、走ったり遊んだり、

歩いたりすることで体を動かし、

コアな筋力を鍛えたほうがいいそうです。

 

一見遠回りのようで、近道なのだとか。

 

子供の習い事

そろそろ自分の部屋を、と思ったら

学力は継続なり。そして集中力なり。

 

子供が自発的に学習する習慣を身につけたら、

それが継続できるように計らってあげたいですね。

 

集中できる環境は、室内の空気によるものもあるそうです。

酸素濃度が少しでも下がるだけで、疲れた時の回復力も

集中力も落ちてしまうのだとか。

 

昔から「窓を開けて部屋の換気をしなさい」といわれるのには

きちんとした意味があるのですね。

 

勉強するだけに限らず、子供の寝室となるのも子供部屋。

 

そのような子供部屋だからこそ、環境にも配慮する必要があります。

 

花粉や排気ガスなどが気になり、

換気も十分に行えない都市環境にあると、

ウイルスやアレルゲンを取り除き、

新鮮な酸素を満たす空調も重要になります。

 

子供の健康を保つこと。

これも学習環境をよくすることにつながっていくといえますね。

 

子供の習い事

続けて学習できる工夫

大人がそばについてあげて、勉強を楽しくする習慣を身につける。

 

口では簡単に言えますが、なかなか簡単なことではないのが

現実ですよね。

 

子供の心は好奇心のかたまり。

あちらこちらに飛んでいく気持ちを、一つのことに集中させるのは、

学校の先生も至難の業です。

 

まずは集中力をつける前段階として、

「勉強をしたくなる」仕掛けを考えることが必要になります。

 

子供の集中力は、自分からやろう!と思える環境があって

はじめて芽生えてくるものなのだとか。

 

そのために魅力的な教材も必要なのかもしれませんが、

他のことに気を取られないように整理された

学習コーナーや机など、勉強をする快適な「シチュエーション」。

 

これが不可欠なのです。

 

そして継続して学習していくことで、勉強をしているシチュエーション

に慣れていき、集中力を身につける。

 

これが低学年には必要な学習方法だと言えるでしょう。

 

子供の習い事

学習することの楽しさは大人も一緒に

入園・入学や新学期を前にすると、子供の「学習」に対し

どうしよう、という不安が頭をかすめます。

 

特に就学前や、小学校低学年の子どもの学習には、

大人の適切な手助けが大切になります。

 

たとえば「ここが違っているよ」と間違いを指摘するよりは

「どこかおかしいところはないか、見直してみたら?」

など、間違いに自分から気がつくような導きが

より有効な学習方法とされています。

 

学習は一時的なものではありません。

これからずっとずっと積み上げていくものですよね。

 

低学年は学習への土台づくりといえます。

この時期に「勉強は楽しんだ」と感じさせてあげることが

テストの点数よりも、○×よりも大切な学習。

 

大人が教え込むのではなく、子供が自立して学ぶ基礎を

作ってあげたいですね。

 

子供の習い事

低学年の学習環境

入学してから間もなくは、ただ学校生活に慣れるのが精いっぱい。

それでもよし!なのです。

 

1学期も終わり、通知表を渡されると

なんとなく親のほうが焦ってしまうものです。

 

そろそろしっかりと勉強をしてほしいなぁ、

と思う年頃になったら、まずは環境から整えてあげましょう。

 

「勉強をしたくなる」環境づくりが大切。

 

勉強に対してストレスを感じないように、

勉強に興味を持たせてあげることが第一歩。

 

生活の中で自然と机に向かっていく環境は、

自分の部屋を持つ前に、リビングのテーブルで始めるのも

いいかもしれませんね。

 

リビングでしたら親の目も届きますし、

子供も親と離れることなく過ごすことができる安心感も得られます。

 

特に暑い夏は、涼しい環境の中で勉強すると

集中力も働きます。

 

子供の習い事

視覚認知の発達について<2>

正常な視力を持ち、目に見えるものがよく見えていても、

それを理解していなければ何の意味もありません。

 

何を行動するべきか、何を扱うべきなのか

わからない状況・事態に陥ります。

 

幼児期、視力に異常はないのにすぐそこにある文字が

真似をして書くことをできない、

絵を描くことをできない、落ち着きがなくて集中できない

という形で、視覚認知の発達不全が発現することも

あるのだそうです。

 

就学以降になると、LD(学習障害)やACHD(多動性障害・注意欠陥)

という形で現れたり、視覚認知の発達と関係がある場合が

少なくはないそうなのです。

 

視覚メカニズムの異常を幼児期に気がついてあげることで、

子供の成長の支えになることは間違いないでしょう。

 

もしも我が子に思い当たる部分があるのであれば、

眼科検診とともに、資格認知検査を受けることが

勧められています。

 

視力低下と同様、日々注意深く子供の様子に気を配ることが

大切だと言えるでしょう。

 

子供の習い事

視覚認知の発達について<1>

「資格認知」という言葉は、聞きなれない言葉ですよね。

これは、今見ている対象がなんであるかを正しく把握し、

その意味を理解することなのだそうです。

 

人は情報の多くを視覚から取り入れています。

視覚機能は、手先の作業や日常の全身運動、

そして学習の基盤となっています。

 

幼児期の頃、文字を書いたり絵を描き始めた時期に、

「簡単な絵をまねできない」「文字がうまく書けない」

などに気がつくことがあったかもしれません。

 

これは、発達途上で問題のないケースがほとんどなのですが、

時にはこのような原因に、視覚認知の発達に問題がある

場合もあるそうなのです。

 

子供の習い事

ゲーム機と視力

近年、ゲームをする年齢の低年齢化が問題となっています。

それと並行して、ゲーム機による子供の視力低下が

多く見られているそうです。

 

おなじゲーム機であっても、テレビゲームと比べると

携帯型ゲームの小さい画面を、手元に引き寄せて

熱中して画面を見るほうが、調節緊張を引き起こし、

目のためには良くないことが分かっています。

 

ではゲームによる視力低下を食い止めるためには

どのような対策がとれるでしょう。

 

できればゲームは絶対に禁止!

といきたいところですが、こどもにとってゲームをするのは

楽しいことではあるのです。

 

それを全て奪うことは、なかなか難しい点もあります。

 

そこでゲームは1日30分までと決める。

30分で終わらせるよう、タイマーを使うと効果がありそうです。

 

ゲームが原因となっている調節緊張による視力低下が

判明した際には、一時禁止にするという

思い切った対策も必要になります。

 

子供の習い事

子供の目の健康のために

最大限に悪くなることを避けるため、親が気をつけるべき事とは

どのようなことでしょうか。

 

まずは照明・姿勢・栄養が挙げられます。

 

幼児期ですと、机に向かって勉強をする機会は

少ないかもしれません。

ですがこの時期から適度な明るさの照明を用いる、

背筋を伸ばして椅子に深く腰掛ける姿勢を取る習慣は

身につけていきたいものです。

 

そして鉛筆の持ち方にも注意が必要なのだとか。

 

正しい持ち方をすれば、しぜんとよい姿勢になります。

子供任せにせず、きちんと教えることが大切ですね。

 

また、栄養に関しては一般的に言われていないことになりますが、

食べ物も目の健康には重要なのだと専門医も指摘しています。

 

眼球の壁である白目の部分を強くするとされる食べ物、

反対に目の健康には取り過ぎは良くないとされる食べ物があります。

 

バランスの用意食事作りを心掛ける必要がありますね。

 

上記の食品をまとめた表によりますと、下記の通りです。

 

■近視を進ませないために■

 

<好ましい食べ物>

・新鮮な野菜

・葉野菜

・熟した果実

・良質たんぱく質

・ナッツ類

・ヨーグルト

・納豆

・生チーズ

・半熟卵 など

 

<気をつけたい食べ物>

・クロミウムを排出する食べ物

(小麦粉・白糖・白米 など)

・カルシウムを排出する食べ物

(炭酸飲料・チョコレート など)

 

子供の習い事

近視は遺伝するのか

子どもの視力が低下傾向にある現在。

視力低下=近視ではないことが、専門医より指摘されています。

 

近視は現代社会に適した目であるともいわれています。

 

できれば我が子には、コンタクトやメガネのお世話にならず

裸眼で生活したほしいと願うのが親心。

 

ですが両親が近視であると、子供に遺伝するのではないかと

不安に思うものです。

 

近視の原因はまだ解明されていないようなのですが、

体型や顔が親に似ているため、近視なりやすい体質は

遺伝をすると考えられているそうです。

 

また、生活を共にしている親子ですから、

視力低下をしやすい環境も共有していることになります。

 

ですがどんなに努力をしても、遺伝的要因で必ず視力が低下する。

ということでもなさそうです。

 

近視になりやすい体質であっても、他の要因によって

最大限、悪くなることは避けられるそうですよ。

 

子供の習い事

子どもの視力と遠視<3>

幼児期の遠視発見のために重要なポジションにいる

3歳児検診。

 

多くの自治体で、家庭で簡単な視力検査をしてくるよう

指示をされています。

 

日ごろの子どもの目の様子で気になる点がなくても、

必ず指示通り、検査をしていくようにしてください。

 

次の公的検査「就学時健診」は3年後。

ここで視力低下が見逃されると、早期発見とは遠くなってしまいます。

 

遠視に関しては、早期発見・適切な矯正をすることが、

幼児期の目の発達において大切だとされています。

 

つまり、3歳児検診で異常に気がつくことが

とても重要になるのです。

 

もちろん検診を待たずに、普段の子どもの様子を観察し、

近方の作業を嫌がる、近くを見るのに目を細める、

斜めにしてみるなど、少しでもおかしいと思ったら、

早めに眼科医に相談をすることをお勧めします。

 

子どもの視力

子どもの視力と遠視<2>

3歳児検診で視力低下が疑われ、精査をしたところ

遠視であることが分かるケースが多いようなのですが、

弱度や中程度の遠視ですと、見逃されてしまうこともあるそうなのです。

 

近視と同様、遠視も病気ではないものの、

遠視により近くのピントが合わない状態は、近くのものを見る

機会の多い現代社会において、子どもの目に大きな負担を強いる

ことになると、専門家も心配しています。

 

強度の遠視の子はもちろんのこと、検診時に判明しなかった

弱い遠視の子にとっても、近くを緊張してみ続けることは

眼が疲れやすいばかりではなく、落ち着きのなさ、

集中力のなさにつながります。

 

さらには、弱視の原因にもなりうるのだそうです。

 

そのため、メガネによる矯正が必要かどうか、

医師に診断してもらう必要があるのですね。

 

遠視は近視と違い、成長に従って弱くなっていく例が多いそうです。

 

子どもの視力

子どもの視力と遠視

正視、つまりは良い眼の場合、

ピンと調節を休めた状態で、遠方の視標にピントが合います。

近くを明視するときは、距離に応じたピント合わせの力を使用して

見ることになります。

 

遠視は、遠方のものを見る際に、

遠視度数相応のピントを合わせの力を使わないと、

明視できないような眼で、物を見るのに大きな負担がかかる

眼ということになります。

 

近くのものに比べて遠くのほうが、調節の負担が少ないのですが、

必ずしも「遠くがよく見える」わけではないのだそうです。

 

ここが世間の常識と違うところといえるでしょう。

 

強度の遠視になると、近くにも遠くにもピントが合わなくなり、

どちらも見えにくくなるそうです。

 

幼児期は実は、近視よりも遠視の割合のほうが

多いといわれています。

 

子どもの視力

視力の常識・非常識

近視=悪いもの、病気

という考え方以外にも、視力に関しては一般的に言われている

ことの中に誤解が生じているものがいくつかあるそうです。

 

そのひとつ、仮性近視。

近視の度合いが弱いものが「仮性近視」であって、

強いのが近視。

また、仮性近視が悪化すると近視になると理解している

人が多いようですね。

 

ですがそのどちらも間違いなのだとか。

 

正しくは、近くを見るときのピントの合わせ方の緊張が、

遠方を見る際にも解除されず残ったため、

近視の状態になっているのが仮性近視。

原因は調節の緊張となります。

 

楽して近くを見ている近視とは反対に、

緊張した「楽ではない」状態で、近くにピントを合わせているのが

仮性近視であるため、近視とは違うそうなのです。

 

仮性近視は目薬や生活習慣の改善、トレーニングなどで

治療を施されているようですが、近視は治療ではなく、

メガネやコンタクトによる矯正が行われ、

お医者さんの対応も待ってく違っています。

 

メガネをかけると近視が進む、というのも間違いだとか。

 

メガネはからかいの対象になりやすいので敬遠されがちですが、

生活や勉強に不便がある場合には、適切に矯正する必要があります。

 

子どもの視力

視力低下と近視

2~6歳くらいになると、なんとなく子供の視力が

気になりはじめます。

 

ですがこの時期は近視よりもむしろ「遠視」のほうが

心配なのだそうです。

 

視力低下というと近視だと思われがちですが、

一概に近視ではないようなのです。

 

視力低下の原因には、一般的に仮性近視の原因となる

調節緊張や、乱視などが考えられています。

 

近視は少ないピンと調節で近くにピントが合い、

楽に近くを見ている状態。

近くを楽に見ることができる代わりに、遠くが見えにくい。

 

これが近視というわけです。

 

ですので、近視=悪いもの・悪い眼 というわけではないようです。

 

背が高い、低いなどの身体的特徴が親からの遺伝であるのと同じように、

近視、遠視も遺伝的要素が多いそうでして、

病的ではないものがほとんどなのだとか。

 

目を細める、テレビに近づいてみるようになるなど、

視力が落ちているのでは?と思われるサインに気がついたら、

「近視」と決め付けず、医師のもとで適切な

眼科検診を受けることが大切ですよ。

 

子どもの視力

子どもに健全な眠りを

子どもの心身ともに健やかな成長のためには、

健全な眠りが重要なエッセンス。

 

子どもに健全な眠りをもたらすために、

どのようなことに気をつければよいのでしょう。

 

下記にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

■規則的な就寝時刻、睡眠習慣を守る

 

■就寝時間が遅い場合は、30分ずつゆっくりと早くしていく

 

■日中、身体を動かすことで良い睡眠が得られることを知る

 

■食事の時刻を規則正しくする

 

■子どもにとっての十分な睡眠時間の確保

 

■子どのも寝室には、パソコンやゲーム機、テレビを置かない

 

■子どもと自分の睡眠履歴を知る

 

■規則的な就寝時間・睡眠習慣を守る

 

■子どもの寝室は暗くて静か、快適な温度ときれいな空気を保つ

 

■楽しい就寝儀式を習慣化する

 

■お父さんもお母さんも、就寝時刻を早めるよう心掛ける

 

■子どものカフェイン摂取の制限

 

個性を伸ばす

寝相が悪い

寝相が悪くてゴロゴロ動いてばかり。

布団は蹴飛ばすし……。

風邪をひくのではないかと心配してしまいます。

 

寝相が悪いのは、しっかりと寝ている証拠なのだそうです。

 

脳が完全休息をしているため、姿勢をコントロールできない。

というわけです。

 

布団をはぐのは、自律神経系が順調に発達し、

発汗作用が機能していることになるため、

正常な反応なのだそうですよ。

 

つまりは、寝相が悪いのは快眠中の証拠。

 

もしも風邪をひくのではないかと心配な場合は、

おなかだけを守るように、腹巻をしておけば大丈夫ですよ。

 

個性を伸ばす

睡眠中の子どもの様子が気になる

寝言やいびき、歯ぎしり。

時には鼻血まで…睡眠中の子どもの様子が気になる。

 

そんなケースもあるでしょう。

 

寝言は、家族や家計に高い確率で見られることを指す「家族性」

の要素が高いとされています。

 

親が寝言を言う場合、子どもも言うそうですよ。

 

いびきは鼻呼吸ができていない証拠。

常習的ですと、鼻やのどに問題があるかもしれません。

 

いびきや鼻血は、中耳炎や鼻炎、

アデノイド肥大などの疾患の可能性も考えられるとか。

 

耳鼻咽喉科を受診してみて。

 

歯ぎしりは、入試の時によく見られるとのこと。

気になるようでしたら、矯正歯科を受診して、

マウスピースを作ってもらうといいそうです。

 

幼少期の激しい寝言や夜泣き、夜驚(やきょう)、

夢遊行などは、ストレス反応の可能性もあるようです。

 

子どもに負担がかかる生活をさせていないか、

振り返ってみてください。

 

いずれも激しい症状だと結果的に睡眠不足になります。

まずは原因を取り除く努力をしてみてください。

 

個性を伸ばす

子供の習い事は、小さい頃から身につけておくことで生涯役立つこともあります。しかしあれもこれもとつい欲張ってしまうと逆にストレスにもなります。このサイトでは、子供の習い事に関する情報をお届けしています。


sponcerd link

MENU
 •子供の目に敏感になる
 •目の健康は大人の注意が必要
 •目の病気にも注意
 •テレビを見ると動かない
 •食事の姿勢が気になる
 •顔が机にくっついてしまう
 •姿勢さえよければいいのか
 •瞬きをしない子供
 •均等に目を使うために
 •近くで物を見るということ
 •背筋は伸ばしているほうがカッコいい
 •よい姿勢には自然な促し
 •姿勢の悪さと筋力
 •そろそろ自分の部屋を、と思ったら
 •続けて学習できる工夫
 •学習することの楽しさは大人も一緒に
 •低学年の学習環境
 •視覚認知の発達について<2>
 •視覚認知の発達について<1>
 •ゲーム機と視力
 •子供の目の健康のために
 •近視は遺伝するのか
 •子どもの視力と遠視<3>
 •子どもの視力と遠視<2>
 •子どもの視力と遠視
 •視力の常識・非常識
 •視力低下と近視
 •子どもに健全な眠りを
 •寝相が悪い
 •睡眠中の子どもの様子が気になる
 •おねしょと睡眠
 •朝の寝覚めが悪い
 •変な時間に寝てしまう
 •夜になかなか寝れない
 •寝ることが楽しい生活習慣を
 •理想のリズムとは
 •睡眠時間の確保
 •睡眠軽視してませんか?
 •子どもの習い事と親力
 •習い事継続へのカギ
 •子どものタイプを知る
 •子どものやる気を引き出すために
 •いつどんな習い事をさせるべき?
 •部屋の向きは南がいい理由
 •リビングで勉強する効果
 •リビング用学習机とは
 •リビング勉強派の子どもに対して
 •リビングで勉強するということ
 •子どもスペースでもOK
 •何のためにある?子ども部屋
 •子ども部屋のタイミング
 •生活の中で育てたい力-3-
 •生活の中で育てたい力-2-
 •生活の中で育てたい力-1-
 •声かけだけでなく、一緒に汗水流して
 •子どもの個性・可能性を伸ばしたい
 •やる気を引き出すかかわり方
 •長所と短所。いいところを褒めてあげよう
 •どうしてもしからなければならないとき
 •「しかる」と「怒る」は違うんです
 •子供たちと外遊び
 •今の子供に欠けているもの
 •子供たちの身体に異変が起きている-3-
 •子供たちの身体に異変が起きている-2-
 •子供たちの身体に異変が起きている-1-
 •正しく選ぼう!コンタクトレンズ-2-
 •正しく選ぼう!コンタクトレンズ-1-
 •大人もはまる!?クッキングトイ-2-
 •メガネに頼るべきか、頼らざるべきか
 •子供の近視をチェックする方法
 •大人もはまる!?クッキングトイ-1-
 •子供の視力と学校健診
 •子供の視力低下の危機
 •斜視の治療方法-外斜視-
 •斜視の治療方法-内斜視-
 •斜視の治療方法-偽内斜視-
 •両目の視線が…斜視
 •子供の習い事~日本舞踊
 •子供の習い事~少林寺拳法
 •子供の習い事~剣道
 •子供の習い事~空手
 •子供の習い事~フィギュアスケート
 •子供の習い事~新体操
 •子供の習い事~ジャズダンス
 •子供の習い事~ゴルフ
 •子供の習い事ランキング
 •子供の習い事~通信教育
 •親子で楽しむ習い事
 •早期教育
 •入園前の習い事~リトミック
 •入園前の習い事~ベビーマッサージ
 •入園前の習い事~ベビーヨガ
 •子供の習い事~幼児教室
 •子供の習い事~絵画・造形教室
 •子供の習い事~野球
 •子供の習い事~華道
 •子供の習い事~パソコン教室
 •子供の習い事~フラダンス
 •子供の習い事~科学実験教室
 •子供の習い事~和太鼓


著作権と免責事項