キッチンペーパーを使ってマスク作り

キッチンペーパーを使ってマスク作り

    

キッチンペーパーを使ってマスク作り

マスク不足が続いているため、キッチンペーパーを使ったマスク作りをしてみました。

マスクの品薄状態が続く中、キッチンペーパーを使ったマスク作りを試みる人達が増えているようです。

今回は、鼻周りの形状に合わせて着用できるタイプのキッチンペーパーマスクの作り方を紹介したいと思います。

材料を用意する

  • キッチンペーパー
  • 輪ゴム
  • セロハンテープ
  • 園芸用のタイ(長さ25cm程度のもの)

園芸用タイはこのような束になっているもので、作物や資材を結んで固定するための針金のようなものです。ホームセンターなどには売っていることが多いです。

制作開始

作りたいマスクの幅に合わせてキッチンペーパーを折りたたむ

もし手元に普段使っている使い捨てマスクがあれば、それに合わせると楽です。


園芸用タイをセロハンテープで貼る

下記の赤い矢印のように折り目をつけて、その折り目に合わせて園芸用タイをセットします。

セロハンテープで固定します。


キッチンペーパーをセロハンテープで留める


輪ゴムを取り付ける

ゴムをタイに取り付け、顔のサイズに合わせてみてから固定する


できあがり。鼻周りに合わせてタイを曲げる


着用して微調整する

ピッタリとフィットさせ、隙間ができないように調整する

以上です。試しに作ってみてくださいね。
マスク不足が早く解消しますように。

キッチンペーパーを使ってマスク作り

キッチンペーパーを使ってマスク作りマスク不足が続いているため、キッチンペーパーを使ったマスク作りをしてみました。 マスクの品薄状態が続く中、キッチンペーパーを使ったマスク作りを試みる人達が増えているよ…

新型肺炎コロナウイルス対策まとめ

  新型肺炎コロナウイルスに関する情報をまとめています。 新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 や 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&am…

マスクの効果について考えてみる

マスクの効果について 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、 どこに行ってもマスクの売り切れ状態が続いています。しかし、マスクを着用することに効果はどれくらいあるのでしょうか?  「マスクを手作りす…

【執筆者プロフィール】広瀬功一(ひろせこういち)楽しい育児実践会 代表・・・19歳・15歳・10歳の3姉妹の父。子供が生まれる前は、子供に興味がなく、自分が子供好きだとも全く思っておらず、親になってから急に子育てのスイッチが入る。しかし、初めての子育てで何もかもが思い通りに行かず、育児に悩む日々を送る。「保育園に行きたくない」と朝から大合唱する子供たち。泣き続ける長女と次女を、無理に連れて行こうとしたところ、長女が家の外に脱走し、街中を500m以上全力で追いかける逃走劇を繰り広げることも・・・。そんな日々に心底疲れ果て、解決策を求めて毎晩お風呂で10冊近くの本を読み漁る日々が半年ほど続く・・・。家中が本と本棚だらけになり、家族からも文句を言われ、置き場所にも限界を迎えかけた頃、突然子育てのヒントをつかみ、子供たちがまさかの大変化。 子育ての苦労と学びから得た知識と経験をもとに、2006年から2019年の13年間で全国(海外含む)約1万700名の個人セッション(育児相談・夫婦相談・進路相談・不登校相談・性格特性分析・能力特性分析・24時間リズム分析など)、約7社の中小企業のコンサルティングを行う。Benesseのたまひよ増刊「Bizmom」にて育児で悩んだ時に相談したい専門家として紹介される。その他ANA、住友三井オートサービス株式会社を始めとする企業の「育児休業取得者向けハンドブック」にも育児の専門家として掲載。趣味は子供たちと一緒に絵を描くことと、楽器(バイオリン&二胡)を演奏すること。週末は相談予約が入って埋まっていることが多く、最近はあまり家族サービスが出来なくなっているが、たまの休みには子供を連れてどこかに遊びに出かける。もともと朝起きが大の苦手だったが、24時間リズム分析によって自分の睡眠のリズムを知って以後、早起きできるようになった。(プロフィール詳細

【執筆者プロフィール】広瀬功一(ひろせこういち)楽しい育児実践会 代表・・・三姉妹(19歳・15歳・10歳)の父。子供が生まれる前は、子供に興味がなく、自分が子供好きだとも全く思っておらず、親になってから急に子育てのスイッチが入る。しかし、初めての子育てで何もかもが思い通りに行かず、育児に悩む日々を送る。「保育園に行きたくない」と朝から大合唱する子供たち。泣き続ける長女と次女を、無理に連れて行こうとしたところ、長女が家の外に脱走し、街中を500m以上全力で追いかける逃走劇を繰り広げることも・・・。そんな日々に心底疲れ果て、解決策を求めて毎晩お風呂で10冊近くの本を読み漁る日々が半年ほど続く・・・。家中が本と本棚だらけになり、家族からも文句を言われ、置き場所にも限界を迎えかけた頃、突然子育てのヒントをつかみ、子供たちがまさかの大変化。子育ての苦労と学びから得た知識と経験をもとに、2006年から2019年の13年間で全国(海外含む)約1万700名の個人セッション(育児相談・夫婦相談・進路相談・不登校相談・性格特性分析・能力特性分析・24時間リズム分析など)、約7社の中小企業のコンサルティングを行う。Benesseのたまひよ増刊「Bizmom」にて育児で悩んだ時に相談したい専門家として紹介される。その他ANA、住友三井オートサービス株式会社を始めとする企業の「育児休業取得者向けハンドブック」にも育児の専門家として掲載。趣味は子供たちと一緒に絵を描くことと、楽器(バイオリン&二胡)を演奏すること。週末は相談予約が入って埋まっていることが多く、最近はあまり家族サービスが出来なくなっているが、たまの休みには子供を連れてどこかに遊びに出かける。もともと朝起きが大の苦手だったが、24時間リズム分析によって自分の睡眠のリズムを知って以後、早起きできるようになった。(プロフィール詳細