空手

空手

    

以前は男の子に人気の習い事でしたが、

最近では女の子でも習っている子が増えているようです。

”自分の身は自分で守らないと”という時代だからなのでしょうか……

 

とはいえ空手には、男女関係なく学ぶことが多い

子供の習い事であることには変わりありません。

 

空手は”礼に始まり礼に終わる”ため、まず整列をして「礼」を欠かさず行います。

怪我をしないよう丹念に体をほぐし、腹筋や背筋などの基礎運動をします。

その後、技や同じ動き(型)を、ただひたすら練習し、

体得していくそうです。

これは段がどんなにあがっても行う、大切な基本動作です。

 

また、声を出す練習により、より力を出し切り、

たくましく育ちます。

蚊の泣くような声や無言では力も出ませんし、強く見えませんよね……

 

このように空手では「礼」を重んじるため、礼儀作法をしっかりと学ぶことができますし、

ひとつひとつの技を集中して繰り出すので、集中力も付きます。

 

ちなみに、空手有段者は履歴書にも書くことができるそうなのですよ。

 

心と体を強く鍛えることができる空手。

男女関係なく小さなうちから始めさせるとよいかもしれません。

※この記事はただいま編集中です。



Comment form