少林寺拳法

少林寺拳法

    

少林寺拳法って日本独自の拳法だってご存知でしたか?

名前だけ聞くと中国の拳法だと思いますし、実際に映画で取り上げられる時は

中国が舞台のことが多いですよね。

 

昭和22年、宗道臣という人が四国に道場を開いたのが始まりなのです。

 

他の武道と同様、礼儀作法を学ぶことができる点、

そして「心身ともに鍛えることができる」という魅力もあり、

子供だけでなく女性にも人気があり、幅広い層の入門者があるそうです。

 

さらに護身術として自分を守る武器にもなる。

分析力や知力が必要なので頭の回転も良くなり、

判断力や集中力なども高まります。

 

身体的には、体を鍛えることで関節が柔らかくなり、

柔軟な体を作ります。

 

少林寺拳法では、まず自分が技を習得し強くなると、

それを後輩に伝承していきます。

「強くなりたい」「かっこいい」

動機はどうであれ、始めたら長く続け練習を積み重ねることにより、

後輩に伝えていくことが増えるのです。

 

はじめから上手くはいきません。

積み重ねが大切なのです。

 

小さな子供が大きな声で練習し、堂々とした態度で取り組む姿は

勇ましく、格好いいですよね。

 

後輩への指導を通じ、自分が強くなったことを自覚する。

これが自信へとつながり、顔つきも変わってきます。

 

心身ともに強くなること。

これは人に優しくなれる、ということなのかもしれません。

※この記事はただいま編集中です。



Comment form